「あたし、生きるってどういうことか知ってるわ。」

と、誇張ではなく文字通り、変わり果てた姿の故人は語っていた。

これは叙情ではなく叙事詩的表現だ。




五感をフル稼働し、とにかく笑いながら愛しながら生きて来た彼女は、残酷なまでにやせこけて、縮んで、硬くなって横たわっていた。




呼吸器不全の瀕死のていで、husbandに、"I love you, too!"って言ってから死んだって。
(彼女のお母さんが教えてくれた。)


生きるのって素敵。


_Isaid, "Yes, yes, yes, you're right."




友よ、いざさらば。
また6人揃って、泣けるほど大笑いしようじゃないか。



しつこいようだけど、私だけが結婚式に呼べなくてすまなかった。

とにかく笑える式を提供したかったんだけど、こればっかりはね。







折角読んでくれる心やさしき方々には誠に申し訳ないけれども、しばらくウェット強調週間は続くと思う。ゆるせ。